作業着の選び方の注意点

作業着を使用する用途は多くあります。
そのためにバリエーションも豊富に用意されており、用途ごとにそれに特化している形状のものがあるといっても過言ではありません。
職業で分けるとすれば、建築関係や土建関係、製造業などで使用されるものなどがあります。
とはいえ基本的な形状は変わらず、つなぎになっているものか、上着とパンツに分かれているものの二つに分けることができます。
それぞれメリットがあり、用途に合わせて選ぶ必要があります。
たとえば製造業の場合ですと工作機械や資材に衣服が引っかかっては事故につながってしまうために、つなぎタイプが好まれます。
主にデザインで選ぶのではなく、どのようなシーンで身に着けるのか、ということをきちんと考慮し、機能性を考えた上で選ばなければなりません。
もちろんデザインも豊富に用意されており、中にはカジュアルなものもあるのですが、重視すべきは機能性であることをわすれてはなりません。
とはいえ作業着の選び方はそう難しいものではありません。
日常で身に着ける洋服と選び方はそう変わらず、四季を念頭に置いて半袖や長袖、薄い素材や分厚い素材などを選ぶことになります。
それに加え、作業内容を考慮して形状を決めていくことになります。

ただ動きやすいだけでない多機能作業着

工場や工事現場などでの仕事では、仕事中にずっと動き続ける必要があります。
こういった仕事でスーツなどの服装を着ている場合、動きにくい為とても不便になります。
そのため工場などで働く場合は、作業着を着用することが多いです。
作業をするということに特化してデザインされた服なので、動きやすいことはもちろん、作業中の利便性にも工夫が凝らされています。
例えば作業の際に道具を使う場合、必要な道具を必要なときにすぐ取り出せるようにしておく必要があります。
そのため必要なものをすぐに取り出せるようにたくさんのポケットがついている作業着があり、必要に応じて道具を取り出しやすい位置にしまっておくことで作業の効率化が図れます。
このようにただ動きやすいというだけではなく、使いやすさも重視されている場合、作業効率があがり、仕事もはかどりやすくなる可能性もあります。
また冬の作業の時は、外がとても寒い場合も多くあります。
作業着の中には冬の間も防寒着としても使えるほど防寒性能を高めたものもあります。
さらにデザインの面でも工夫されているものも多くあり、ただ作業ができるためだけではなく、他の目的にも対応できるようなものが多く用意されています。

recommend

2018/7/26 更新

『作業着』
最新ツイート

[Me:]kako
(@kakotaro_bot)

あとおねまきやスウェット~…は安くていいや 作業着だもの

8分前 - 2018年11月20日


島井先生bot
(@Shimaizura_bot)

ズボンが作業着になる

34分前 - 2018年11月20日


自動車整備あるあるbot
(@seibi_bot)

作業着やタオルをいくら洗っても、臭いが取れない

44分前 - 2018年11月20日


朧月系虎氏⊿
(@sghexp46)

@mikuronekojr07 作業着の枚数少ないだもんでやらにゃあ足りんだもんで

46分前 - 2018年11月20日


あずま@2日目東T57a
(@Ego_A000)

コルセット着ながら作業してる。 めっちゃ心地よくなってきたぞ…!!(ドM)

57分前 - 2018年11月20日